出水市

出水市

出水市(いずみし)は、ツルの渡来地として知られる鹿児島県の北西部に位置する市です。

公式ホームページ

Information

出水市(いずみし)

出水市(いずみし)

市制・町村制施行直後の、出水市地域

市制・町村制施行直後の、出水市地域

出典:市町村変遷パラパラ地図

郡発足までの沿革 野田郷 - 上名村、下名村
高尾野郷 - 下高尾野村、唐笠木村、柴引村、下水流村、上水流村、大久保村
出水郷 - 下鯖淵村、上大川内村、荘村、六月田村、武本村、下大川内村、下知識村、上鯖淵村、江内村、上知識村
町村制以降の沿革 1889年(明治22年)4月1日 -
上出水村 ← 武本村、上鯖淵村、上大川内村、下大川内村、上知識村
中出水村 ← 下知識村、六月田村、下鯖淵村、荘村
下出水村 ← 脇本村、江内村
高尾野村 ← 下高尾野村、唐笠木村、上水流村、下水流村、柴引村、大久保村
野田村 ← 上名村、下名村
1891年(明治24年)2月 - 上出水村の一部(上大川内・下大川内)が分立して大川内村が発足。
1917年(大正6年)4月1日 - 上出水村が町制施行・改称して出水町となる。
1923年(大正12年)7月1日 - 中出水村が町制施行・改称して米之津町となる。
1924年(大正12年)4月1日 - 下出水村が改称して三笠村となる。
1932年(昭和7年)1月1日 - 高尾野村が町制施行して高尾野町となる。
1949年(昭和24年)4月1日 - 三笠村の一部(江内)が分立して江内村が発足。
1954年(昭和29年)4月1日 - 出水町・米之津町が合併して出水市が発足。
10月9日 - 大川内村が出水市に編入。
1959年(昭和34年)4月1日 - 高尾野町・江内村が合併し、改めて高尾野町が発足。
1975年(昭和50年)4月1日 - 野田村が町制施行して野田町となる。
2006年(平成18年)3月13日 - 野田町・高尾野町が出水市と合併し、改めて出水市が発足。
町の行政機関 出水市役所
出水市 野田支所
出水市 高尾野支所
出水市役所 江内出張所 [1]

出典:[1] wikipedia

  • レトロ写真

    0件
  • レトロブログ

    0件
  • フォロワー

    0人
  • フォロー中

    0人

運営会社