南大隅町

南大隅町

南大隅町(みなみおおすみちょう)は、鹿児島県本土の東南部に位置し、日本本土最南端の佐多岬を有する大隅半島の南部の町です。

公式ホームページ

Information

南大隅町(みなみおおすみちょう)

南大隅町(みなみおおすみちょう)

市制・町村制施行直後の、南大隅町地域

市制・町村制施行直後の、鹿屋市地域

出典:市町村変遷パラパラ地図

郡発足までの沿革 小根占郷 - 山本村、辺田村、横別府村、川北村、川南村
佐多郷 - 郡村、馬籠村、伊座敷村、辺塚村
町村制以降の沿革 1889年(明治22年)4月1日 -
町村制実施時に、ほぼそのままの区域をもって小根占村・佐多村となった。
1941年(昭和21年)1月1日 - 小根占村が町制施行。根占町となる。
1947年(昭和27年)9月1日 - 佐多村が町制施行。佐多町となる。
2005年(平成17年)3月31日 - 根占町・佐多町が対等合併して新町制を施行し、南大隅町が発足。
町の行政機関 南大隅町役場本庁(旧根占町役場)
佐多支所(旧佐多町役場)
現在の地名 根占 - 根占川北・根占川南・根占辺田・根占山本・根占横別府
佐多 - 佐多伊座敷・佐多郡・佐多辺塚・佐多馬籠 [1]

出典:[1] wikipedia

  • レトロ写真

    0件
  • レトロブログ

    0件
  • フォロワー

    0人
  • フォロー中

    0人

運営会社